雌阿寒岳 山行記録
2005年10月13日



釧路から高速バスで攻める阿寒岳。
いつもながらちょっとだけ強行な日帰りの山登り。






高い木の並ぶ山麓から少し歩けばもう森林限界へ。
見晴らしのよい登山道はとっても楽しい。
途中で他の登山者と話し込んでしまったり、なんかのんびりした山歩きだナァ。






そうこうしているうちに七合目。
眼下に広がる一面の緑、北海道の雄大さを満喫。






同じく七合目からの眺望。
このオンネトーという湖はとっても透明度が高いそうな。






雌阿寒岳の山頂は噴火口になっていてお鉢のピークに立派な碑が立ってました。
そして気になり始めたのが背後に写る阿寒富士。
時間的にはまだ・・・いけるかな。






そして登った阿寒富士。
1476.3mは阿寒岳より高いし、ちゃんと三角点もある。
正直、この景色を見たら疲れもぶっ飛んでしまった。






阿寒富士のトップ。
やっぱり富士山だ(笑)






さて、下山はオンネトーを目指す。
北海道の10月は紅葉シーズン真っ盛り。






再び森のハイキング。






そしてオンネトーへ。
仲良く並ぶ雌阿寒岳と阿寒富士。
なんともいえない充実感がみなぎる。

そしてまた・・・。
この麓にも当然、温泉が沸いていたりします。
疲れを癒して、またバスに乗り込むのでありました。



阿寒町は自然の豊かなところ。
観光地の阿寒湖周辺でもクマが出たと騒ぎになっていました。
やっぱり秋は人通りの多い登山コースがいいような気がします。