普賢岳 山行記録
2002年2月3日






計画的だけど、突然な山登りだった。
先輩、後輩と3人で挑んだ普賢岳。
こんなに銀世界になってるとは、思わなかったナァ。











とにかく白銀の世界で、道には動物の足跡がちょこっと残るくらい。
最初は足首までだった雪もどんどん深くなっていった。











ふと横を向けば見事な樹氷。
別世界の輝きだ。











頂上まで登り、しばし休憩。
ラッキーなことに青空が覗いた。

向かいの高い山は、先の噴火で出来た平成新山。
今も煙を上げ、登山道はまだない。











なにせ頂上は氷点下の世界だったから足早に下山。
目指すは麓の温泉地へ。
ってか、お茶目な看板。











最後は地ビールで乾杯!
楽しい山でした。